ハーレーエンジン錆びポイント

ハーレーエンジン錆びポイント

ハーレーの魂といえるエンジンですが、ヘッドボルトが錆びやすいですね・・・。
特に印の部分が錆びやすい。(写真は清掃後の写真になります。)

下側にあるので、雨等の水の影響を受けやすいのでしょう。
見た目も悪いですし、錆びが進むと整備の際にボルトにスパナが掛からなくなる為、錆び取りをしたいと思います。

整備前錆状況

フロント側

リア側

リア側のボルトが黒いのは、以前実験で黒錆び転換材を塗ったので黒錆化した為です。
錆びの進みは遅かった?ようですが、やはり見た目が悪いですね。
ということで錆び取りしていきます。

真鍮製のワイヤーブラシで清掃してきます。
フロント側清掃中

清掃後

リア側清掃中

清掃後

ほんの1~2分擦っただけですが、かなりキレイになりました。
少しでも錆び止の効果があればと、オイルスプレーを垂らしておくことにします。
乗っていてもエンジンのヘッドボルトは目に入る部分なので、キレイになると気持ちいいですね
これからは洗車の際にでも、定期的に注意していきたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SOFT99 ソフト99 サビ取り・補修材 赤サビ転換防錆剤
価格:1294円(税込、送料別) (2019/2/17時点)

楽天で購入

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です