SPORTSTER 車検

スポーツスター車検費用

先月はバイクの車検月でしたので、費用の記録を記載します。
車検費用を確認したい方などの参考になればと思います。
今年は最近お世話になっている個人店に依頼、去年はディーラーに依頼しましたので、比較出来るように去年の費用の記載も致します。

バイクショップに依頼(個人店に依頼)2019年7月

車検整備一式 ¥16,000-
車検代行費用 ¥16,000-
重量税 ¥5,000-
マフラー、テールランプ交換費用 ¥7,000-(テールランプ故障の為)
ライトテスタ- ¥3,000-
ブレーキフルード交換(工賃込み) ¥3,600-
リコイル費用 ¥3,000-(ダービーカバー部)

少し値引きしてもらって纏めて税込み¥70,000-

前回ハーレーディーラー車検 2017年7月

参考までにその際の費用を
車検整備一式¥35640-
車検代行費用 ¥16,200-
ブレーキフルード交換(工賃込み) ¥5,210-
その他法定費用は同額

今回依頼した個人店と比べた場合、車検整備とブレーキフルード交換だけで¥25,250-の差があります。
整備書に基づいて、多数のチェック項目ごとに整備してくれるのはわかりますが、
ディーラー車検はやっぱり割高感はありますね。
(ディーラーでは車検後、チェック項目を記載した点検整備記録簿を頂きました)

現在の車両はディーラーで中古で購入したのですが、今はあまりお世話になっていません。
以前ボルト1本の取付に工賃¥1080-かかった為・・・
リアサスの購入、取付を行ったのですが、その際に脱落していたボルトも一緒に注文を依頼したのですが、
サスの工賃¥5,400-とは別に、しっかりボルト取付費用¥1080-を請求されました・・・
ボルト¥180-に対して取付費用¥1080-・・・簡単なことはお願い出来ないですね。
少々のことは自分整備したいので、それ以来ディーラーからは足が遠のいています。
今後は余裕があれば、ユーザー車検にもチャレンジしてみたいものです

アメリカでの車検

ハーレーの故郷のアメリカでは、州によって異なるそうですが、検査はあっても排ガス検査のみで費用も$60~70程度であったり、自動車登録税(車の購入価格により異なる)
やはり車やバイクの維持費は大きく異なるようです。

アメリカではガレージで親子でバイクを組んだり、女性でも自分の車のメンテナンス程度は出来る方が多いようなので、日本とは自動車やバイクのメンテナンスに対する意識も大分異なっているようです。
大きな国ですから運転中に故障したら大きなトラブルにつながりやすいのも要因なのでしょう。

日本では車は特にだと思いますが、メンテナンスはディーラーに丸投げがほとんどで、ホームセンターのカー用品コーナーは洗車グッズがほとんどです。
メンテナンスを出来るガレージのような場所がアメリカと違い持ちにくいのも原因だと思います。

・・・それにしても税金高い・・・最近ガソリン価格も上がって来てるし・・・

車検切れ車両のチェックは
国交省職員による目視パトロールに加え、カメラの前を車検切れの車両が通るとナンバープレートを読み取るシステムが2018年9月14日から運用されているそうです。
皆様車検期間の確認を忘れずに!!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です